• 土. 9月 25th, 2021

脱毛サロンの痛みはどのくらい?クリニックとの比較もチェック

脱毛と聞くと痛いイメージがありますよね。実際に体験談などを聞くと、痛かった、という感想をよく耳にするので、脱毛してみたくても少し尻込みしてしまいます。
今回は脱毛サロンの痛みがどれほどなのか、またクリニックで施術する時と痛みはどう違うのか調べてみました。
そもそも何故、脱毛の際に痛みが発生するのかという疑問ですが、これは照射された光が毛根に熱を与えているからです。その刺激によって、人によって差はあるものの痛みや違和感を得るとされています。
エステ脱毛で使用されているIPL方式は毛のメラニンと反応する光を照射して毛根に働きかけているので、熱や刺激をより感じやすくなるのです。とは言え、医療機関で使用される高出力機器では無いため、痛みによる施術の中止などは早々起こらないでしょう。
最近では光脱毛の技術も上がってきていますので、より肌に優しい機器も開発されています。また、痛みを感じやすい部位というものあり、ワキやVIOなどの毛が濃く肌の色素沈着が見られる肌付近の施術は、手足よりも刺激を得やすいようです。
同時にSSC方式では、毛根に働きかけるのではなく、皮膚に塗布したジェルの中の成分を浸透させるための光を発します。よって、IPL方式とは異なり直接的な刺激を与えないので、痛みはほとんど感じられません。

クリニックにおける脱毛はエステのそれと比べて痛みが強いという指摘がありました。それは先述した通り、医療機関で使用されている脱毛器具が、エステサロンと比べて高出力であるためです。
レーザー脱毛は高出力であるため効果は出やすいのですが、毛根を破壊して毛が生えづらくなる肌を作るので、その分痛みも感じやすくなります。しかし、その痛みを考慮して麻酔を皮膚に塗って痛みを気にせずに施術する方法も用意されているのです。
照射する前に薬を塗布し、数十分間置いて効いてきた頃に始めるのですが、大分痛みは緩和されるという意見が多くありました。ですが麻酔の効き目は個人差もあり、別途費用がかかってしまうことが多く、より高い料金が発生してしまうので注意しましょう。
脱毛サロンでの施術は、時に多少の痛みを伴うことはありますが技術の進歩もあって、脱毛の妨げになるほどの痛みを感じることはそう無いそうです。
クリニックでの施術は高出力の機器を使っていることもあってエステよりも痛みは強いですが、麻酔などの対処法も用意されています。以上がサロンとクリニックでの脱毛の痛みの比較でした。



痛いにサヨナラ 【VIO脱毛ディオーネ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。